赤ちゃんのトラブル病気予防接種

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種はいつごろから?

たいていの小児科などでは、インフルエンザの予防接種は、1才以上の子どもさんに接種をお勧めしています。
6ヶ月以降であれば、接種する子が出来ますが0歳児には免疫力の発達の問題や、外出も多くないため、感染する危険度も少ないことから、あまりお勧めはしていないところが多いようです。
もし、1才未満の赤ちゃんでも、保育園に預けていたり、人ごみに接する機会が多かったりする場合は、医師と相談の上、インフルエンザの予防接種を受ける場合もあります。

赤ちゃんに母乳をあげている場合は

インフルエンザの予防接種のワクチンは、病原性をなくしたウィルスの成分を用いているので、予防接種を受けたママの母乳を飲ませても赤ちゃんへの影響はありません。
ママが、インフルエンザにかからないよう予防するほうが大切です。
授乳している事を医師に伝えて、予防接種を受ける事をお勧めします。


インフルエンザ予防に

インフルエンザにならないように、心がけましょう。
6ヶ月前の赤ちゃんは、お母さんの免疫に守られているから大丈夫。と過信せず、予防を心がける事が大切です。
低月齢のうちから、スチーム式加湿器や、乾燥しないオイルヒーターを使ったりして、部屋の乾燥を防ぎ、ママやパパは外出後は必ずうがい手洗いを行い、インフルエンザウイルスを持ち込まないことが大切です。




赤ちゃんのトラブル病気予防接種ほかを見る

このページの先頭へ