赤ちゃん子どもの風邪 トラブル病気

風邪、インフルエンザ今は、色々な病気があります。
病気なんてしないで元気に育ってくれれば一番ありがたいのですが、パパとママの願いとはうらはらに、色々な事で悩ませてくれます。。
でも、赤ちゃんは病気をしながら強くなっていきます。
その中でも赤ちゃん子供の風邪はとってとっても身近な病気ですよね。
色々なトラブルに、参考になれば、、

赤ちゃんの鼻づまりや鼻水

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは、母乳やミルクが飲みづらくなったり、離乳食が食べにくくなったりして、眠れなくなったり、機嫌が悪くなったりしてしまします。
赤ちゃんの機嫌が悪くなると、ママも機嫌が悪くなり、悪循環!!
そうなる前に、対応しましょう
私が、よくしてたのは、こよりを作って、鼻先をこちょこちょくすぐったりすると、くしゃみと一緒に鼻水や鼻くそが取れるので、お勧め
奥まで入れないように注意が必要です。
耳鼻科や小児科を受診しましょう。
耳鼻科は、大人の方も多かったり、花粉の時期ですとすごく待たされるので、注意が必要
症状によっては、鼻水が長引いていたりする場合は、中耳炎の可能性もあるので、耳鼻科で吸引してもらったほうが良い場合もあります。
小児科でも、大きな施設ですと吸引してくれたりするところもあります。
予防接種などで、受診したときに確認してみるのも良いでしょう

鼻水、鼻くそ、家で出来る処置

赤ちゃんの鼻水を取る

市販の新型鼻水吸引器や、お医者さん推薦!ガラス製鼻水吸引オリーブ管などを使うときれいに吸い取れます。
鼻の穴の入り口に当ててやさしく吸いましょう。奥に入れ過ぎたり、思いっきり吸いすぎてしまうと、鼻を傷つけてしまいます。
取れないからと言ってやり過ぎも刺激になってしまうので気をつけます。

こよりで鼻くそを取る

一番簡単お手軽です。ティッシュペーパーを使ってこよりを作り(ねじねじするだけ)、鼻の穴にいれると、くしゃみと一緒に鼻くそが出てきます。

加湿器を使う

色々な加湿器が、販売されています。ちなみにインフルエンザや風邪などの予防にも最適です。
加湿器にも、スチーム式加湿器と、
ヒーターレスファン式(気化式)加湿器
があります。
違いを知って一個購入しておくと長く使えるので、少し良いものを選ぶのをお勧めします。





お風呂に入れて暖める

熱があったらお風呂は入れませんが、熱がなく元気だったらお風呂に入れると、湿気により鼻くそがとれて、鼻も通りやすくなります。
吸引を使うときや、こよりでくすぐったりするのはお風呂のあとが、取りやすいです。


鼻水をそのままにしておくと、鼻の下がかぶれてきます。
ふきすぎても、同じこと。ぬらした温かいガーゼなどでふき取ってあげましょう。
かぶれた場合は、クリームやベビーオイルなどを薄く塗ってあげましょう。

鼻をかむのは、個人差はありますが、2歳くらいでしょうか?たまに、「ち~んしてみようね」と誘ってみましょう。
ただし、両方いっぺんに力を入れてかむと鼓膜を傷つけてしまうので、片方ずつ押さえて上げて練習しましょう。

鼻づまり、家で出来る処置

鼻の付け根をあたためる

鼻づまりで苦しいときは、歯なの付け根を温めると鼻のとおりがよくなり楽になります。
お湯に下してしぼったタオルを当てて、押さえてあげると効果的です。
熱がなければ、お風呂に入って、湿気により鼻くそがとれて、鼻も通りやすくなります。

加湿器を使う

空気が乾燥すると、余計に粘膜も乾いて鼻づまりがおきやすくなってしまいます。
色々な加湿器が、販売されています。ちなみにインフルエンザや風邪などの予防にも最適です。
加湿器にも、スチーム式加湿器と、
ヒーターレスファン式(気化式)加湿器
があります。
違いを知って一個購入しておくと長く使えるので、少し良いものを選ぶのをお勧めします。





立ててあげたほうがラク

鼻づまりがひどいときは、寝ている体勢より、体が起きていたほうが鼻のとおりがよくなります。
寝かせているときにタオルを丸めて背に置いて少し起こしてあげたりして。
ママに余裕があれば、抱っこやおんぶで立ててあげたほうが鼻づまりがラクになります。


鼻づまりで、夜も眠れない、不機嫌、ミルクも飲めない。
などの症状になってしまったら、病院で薬を処方してもらってください。
そのまま放っておくと、中耳炎になったりする可能性もあることを注意してください。

風邪でもない鼻水の場合は、アレルギー性鼻炎や花粉症の場合もあります。
早めに治療する事が望ましいでしょう



赤ちゃんの下痢

赤ちゃんのウンチは、健康のバロメータです。
母乳かミルクか、離乳食で何を食べたかにも左右されますが、下痢をしていたら、風邪だけでなく細菌性の胃腸炎などもありますので、
水分補給をこまめに忘れずして、異変に気付いたらすぐに病院を受診する事をお勧めします。
また、赤ちゃんの胃腸粘膜は、まだまだ未熟です。
疲れや風邪などちょっとした不調や、離乳食を食べ過ぎてしまったとき、新しいものを口にしたときなどでも、下痢をおこしたりします。

授乳期の、下痢は、体の水分が失われやすく、脱水症状になることがあります。
こまめな水分補給を心がけましょう。牛乳やジュース類は避けて、白湯(すこし砂糖を入れて甘くしても)、お茶、
ベビー飲料 イオン飲料などを与えましょう


離乳食期ごろの、下痢も、授乳期と同じように、体の水分が失われやすく、脱水症状になることがあります。
下痢の症状が軽くて、離乳食が食べられそうな赤ちゃんは、離乳食を一段階前に戻してみましょう。
食欲が出てきたら、やわらかく煮たうどんやおかゆなど、炭水化物を中心に与えましょう。
基本的に、消化のいいものを与えましょう

避けたほうが良い食べ物
卵製品(プリンカステラなど) 油、脂肪分を含むもの(シチュー、ラーメン、バター)
乳製品(ヨーグルト、乳酸菌飲料、牛乳)
果汁やくだもの(柑橘類、オレンジジュース)りんごジュースはOK


下痢中は、おしりを清潔に

下痢は、皮膚への刺激が強く、おしりがかぶれ易くなります。こまめなオムツ替えをおこない、
おしりを清潔に。ウンチをするたびにシャワーでお尻を洗い流してあげるのも良い方法です。

洗面器の中に、お尻をつけておきました。
さっと、洗った後は、押さえるようにしてタオルで拭いてあげて、薬用固形パウダー ベビーパウダーを使って、さらさらな状態にしてあげるとかぶれを防ぎます。


赤ちゃんの便秘

母乳で育てている赤ちゃんは、便秘がちです。
母乳には、うんちになる「かす」が少ないからです。
ただし、体重の増え方が悪い場合、母乳やミルクが少ない場合も便秘になる場合が多いです)
余談ですが、うちの子どもは、ミルクを受け付けず、母乳の量も少なかったので、かなり便秘では悩みました。
何度、浣腸(かんちょう)にもお世話になりました。
中学になっても少々便秘気味です(笑)
お腹の中に老廃物をためている便秘より、浣腸をしてあげたり、赤ちゃんの便秘薬和光堂 マルツエキス をあげてみたりして、解消してあげる事が大切です。

便秘になったら??まずは、口に入れるもので改善 何を与える??

授乳期は、白湯に少し砂糖を入れたり、赤ちゃんの便秘薬和光堂 マルツエキス を与えてみます。
果汁を飲ませているなら、下痢のときとは反対に、みかんなどの柑橘系の果汁、プルーんなどの果汁を与えてみましょう。

離乳食期だったら、さつまいもなど食物繊維の多いものがウンチを出やすくします。
乳製品、ヨーグルトなどや、海藻大豆類なども、離乳食に取り入れて便通をよくしてあげましょう。


それでも効かない頑固な便秘は

肛門の周りを刺激してあげます。
綿棒の先にベビーオイルをつけて、2センチほど差しこみ、円を描くように回してあげます。
効果がない場合は、病院などで、浣腸を処方してもらいましょう。
たまっている赤ちゃんは、驚くくらいのうんちをしますので、浣腸をするときは、おしりふきなど多めに用意して、周りに汚れても良いシートを敷いて行ってあげましょう。


適度な運動も効果的 マッサージも効果的

月齢にもよりますが、自分で歩ける赤ちゃんは出来るだけ外遊びして、運動量を増やすのもお勧め
外遊びの出来ない赤ちゃんは、足を曲げ伸ばししてあげるだけでも、運動になりますね。
おへその周りを、やさしくマッサージしてあげたりしてあげるだけでも効果があります。

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種はいつごろから?

たいていの小児科などでは、インフルエンザの予防接種は、1才以上の子どもさんに接種をお勧めしています。
6ヶ月以降であれば、接種する子が出来ますが0歳児には免疫力の発達の問題や、外出も多くないため、感染する危険度も少ないことから、あまりお勧めはしていないところが多いようです。
もし、1才未満の赤ちゃんでも、保育園に預けていたり、人ごみに接する機会が多かったりする場合は、医師と相談の上、インフルエンザの予防接種を受ける場合もあります。

赤ちゃんに母乳をあげている場合は

インフルエンザの予防接種のワクチンは、病原性をなくしたウィルスの成分を用いているので、予防接種を受けたママの母乳を飲ませても赤ちゃんへの影響はありません。
ママが、インフルエンザにかからないよう予防するほうが大切です。
授乳している事を医師に伝えて、予防接種を受ける事をお勧めします。


インフルエンザ予防に

インフルエンザにならないように、心がけましょう。
6ヶ月前の赤ちゃんは、お母さんの免疫に守られているから大丈夫。と過信せず、予防を心がける事が大切です。
低月齢のうちから、スチーム式加湿器や、乾燥しないオイルヒーターを使ったりして、部屋の乾燥を防ぎ、ママやパパは外出後は必ずうがい手洗いを行い、インフルエンザウイルスを持ち込まないことが大切です。




赤ちゃんのトラブル病気予防接種ほかを見る

このページの先頭へ