赤ちゃんのトラブル病気予防接種

赤ちゃんの鼻づまりや鼻水

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは、母乳やミルクが飲みづらくなったり、離乳食が食べにくくなったりして、眠れなくなったり、機嫌が悪くなったりしてしまします。
赤ちゃんの機嫌が悪くなると、ママも機嫌が悪くなり、悪循環!!
そうなる前に、対応しましょう
私が、よくしてたのは、こよりを作って、鼻先をこちょこちょくすぐったりすると、くしゃみと一緒に鼻水や鼻くそが取れるので、お勧め
奥まで入れないように注意が必要です。
耳鼻科や小児科を受診しましょう。
耳鼻科は、大人の方も多かったり、花粉の時期ですとすごく待たされるので、注意が必要
症状によっては、鼻水が長引いていたりする場合は、中耳炎の可能性もあるので、耳鼻科で吸引してもらったほうが良い場合もあります。
小児科でも、大きな施設ですと吸引してくれたりするところもあります。
予防接種などで、受診したときに確認してみるのも良いでしょう

鼻水、鼻くそ、家で出来る処置

赤ちゃんの鼻水を取る

市販の新型鼻水吸引器や、お医者さん推薦!ガラス製鼻水吸引オリーブ管などを使うときれいに吸い取れます。
鼻の穴の入り口に当ててやさしく吸いましょう。奥に入れ過ぎたり、思いっきり吸いすぎてしまうと、鼻を傷つけてしまいます。
取れないからと言ってやり過ぎも刺激になってしまうので気をつけます。

こよりで鼻くそを取る

一番簡単お手軽です。ティッシュペーパーを使ってこよりを作り(ねじねじするだけ)、鼻の穴にいれると、くしゃみと一緒に鼻くそが出てきます。

加湿器を使う

色々な加湿器が、販売されています。ちなみにインフルエンザや風邪などの予防にも最適です。
加湿器にも、スチーム式加湿器と、
ヒーターレスファン式(気化式)加湿器
があります。
違いを知って一個購入しておくと長く使えるので、少し良いものを選ぶのをお勧めします。





お風呂に入れて暖める

熱があったらお風呂は入れませんが、熱がなく元気だったらお風呂に入れると、湿気により鼻くそがとれて、鼻も通りやすくなります。
吸引を使うときや、こよりでくすぐったりするのはお風呂のあとが、取りやすいです。


鼻水をそのままにしておくと、鼻の下がかぶれてきます。
ふきすぎても、同じこと。ぬらした温かいガーゼなどでふき取ってあげましょう。
かぶれた場合は、クリームやベビーオイルなどを薄く塗ってあげましょう。

鼻をかむのは、個人差はありますが、2歳くらいでしょうか?たまに、「ち~んしてみようね」と誘ってみましょう。
ただし、両方いっぺんに力を入れてかむと鼓膜を傷つけてしまうので、片方ずつ押さえて上げて練習しましょう。

鼻づまり、家で出来る処置

鼻の付け根をあたためる

鼻づまりで苦しいときは、歯なの付け根を温めると鼻のとおりがよくなり楽になります。
お湯に下してしぼったタオルを当てて、押さえてあげると効果的です。
熱がなければ、お風呂に入って、湿気により鼻くそがとれて、鼻も通りやすくなります。

加湿器を使う

空気が乾燥すると、余計に粘膜も乾いて鼻づまりがおきやすくなってしまいます。
色々な加湿器が、販売されています。ちなみにインフルエンザや風邪などの予防にも最適です。
加湿器にも、スチーム式加湿器と、
ヒーターレスファン式(気化式)加湿器
があります。
違いを知って一個購入しておくと長く使えるので、少し良いものを選ぶのをお勧めします。





立ててあげたほうがラク

鼻づまりがひどいときは、寝ている体勢より、体が起きていたほうが鼻のとおりがよくなります。
寝かせているときにタオルを丸めて背に置いて少し起こしてあげたりして。
ママに余裕があれば、抱っこやおんぶで立ててあげたほうが鼻づまりがラクになります。


鼻づまりで、夜も眠れない、不機嫌、ミルクも飲めない。
などの症状になってしまったら、病院で薬を処方してもらってください。
そのまま放っておくと、中耳炎になったりする可能性もあることを注意してください。

風邪でもない鼻水の場合は、アレルギー性鼻炎や花粉症の場合もあります。
早めに治療する事が望ましいでしょう



赤ちゃんのトラブル病気予防接種ほかを見る

このページの先頭へ