赤ちゃんのトラブル病気予防接種

赤ちゃんの下痢

赤ちゃんのウンチは、健康のバロメータです。
母乳かミルクか、離乳食で何を食べたかにも左右されますが、下痢をしていたら、風邪だけでなく細菌性の胃腸炎などもありますので、
水分補給をこまめに忘れずして、異変に気付いたらすぐに病院を受診する事をお勧めします。
また、赤ちゃんの胃腸粘膜は、まだまだ未熟です。
疲れや風邪などちょっとした不調や、離乳食を食べ過ぎてしまったとき、新しいものを口にしたときなどでも、下痢をおこしたりします。

授乳期の、下痢は、体の水分が失われやすく、脱水症状になることがあります。
こまめな水分補給を心がけましょう。牛乳やジュース類は避けて、白湯(すこし砂糖を入れて甘くしても)、お茶、
ベビー飲料 イオン飲料などを与えましょう


離乳食期ごろの、下痢も、授乳期と同じように、体の水分が失われやすく、脱水症状になることがあります。
下痢の症状が軽くて、離乳食が食べられそうな赤ちゃんは、離乳食を一段階前に戻してみましょう。
食欲が出てきたら、やわらかく煮たうどんやおかゆなど、炭水化物を中心に与えましょう。
基本的に、消化のいいものを与えましょう

避けたほうが良い食べ物
卵製品(プリンカステラなど) 油、脂肪分を含むもの(シチュー、ラーメン、バター)
乳製品(ヨーグルト、乳酸菌飲料、牛乳)
果汁やくだもの(柑橘類、オレンジジュース)りんごジュースはOK


下痢中は、おしりを清潔に

下痢は、皮膚への刺激が強く、おしりがかぶれ易くなります。こまめなオムツ替えをおこない、
おしりを清潔に。ウンチをするたびにシャワーでお尻を洗い流してあげるのも良い方法です。

洗面器の中に、お尻をつけておきました。
さっと、洗った後は、押さえるようにしてタオルで拭いてあげて、薬用固形パウダー ベビーパウダーを使って、さらさらな状態にしてあげるとかぶれを防ぎます。


赤ちゃんの便秘

母乳で育てている赤ちゃんは、便秘がちです。
母乳には、うんちになる「かす」が少ないからです。
ただし、体重の増え方が悪い場合、母乳やミルクが少ない場合も便秘になる場合が多いです)
余談ですが、うちの子どもは、ミルクを受け付けず、母乳の量も少なかったので、かなり便秘では悩みました。
何度、浣腸(かんちょう)にもお世話になりました。
中学になっても少々便秘気味です(笑)
お腹の中に老廃物をためている便秘より、浣腸をしてあげたり、赤ちゃんの便秘薬和光堂 マルツエキス をあげてみたりして、解消してあげる事が大切です。

便秘になったら??まずは、口に入れるもので改善 何を与える??

授乳期は、白湯に少し砂糖を入れたり、赤ちゃんの便秘薬和光堂 マルツエキス を与えてみます。
果汁を飲ませているなら、下痢のときとは反対に、みかんなどの柑橘系の果汁、プルーんなどの果汁を与えてみましょう。

離乳食期だったら、さつまいもなど食物繊維の多いものがウンチを出やすくします。
乳製品、ヨーグルトなどや、海藻大豆類なども、離乳食に取り入れて便通をよくしてあげましょう。


それでも効かない頑固な便秘は

肛門の周りを刺激してあげます。
綿棒の先にベビーオイルをつけて、2センチほど差しこみ、円を描くように回してあげます。
効果がない場合は、病院などで、浣腸を処方してもらいましょう。
たまっている赤ちゃんは、驚くくらいのうんちをしますので、浣腸をするときは、おしりふきなど多めに用意して、周りに汚れても良いシートを敷いて行ってあげましょう。


適度な運動も効果的 マッサージも効果的

月齢にもよりますが、自分で歩ける赤ちゃんは出来るだけ外遊びして、運動量を増やすのもお勧め
外遊びの出来ない赤ちゃんは、足を曲げ伸ばししてあげるだけでも、運動になりますね。
おへその周りを、やさしくマッサージしてあげたりしてあげるだけでも効果があります。

赤ちゃんのトラブル病気予防接種ほかを見る

このページの先頭へ