赤ちゃんのトラブル病気予防接種

赤ちゃんの鼻づまり

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは、母乳やミルクが飲みづらくなったり、離乳食が食べにくくなったりして、眠れなくなったり、機嫌が悪くなったりしてしまします。
赤ちゃんの機嫌が悪くなると、ママも機嫌が悪くなり、悪循環!!
そうなる前に、対応しましょう
私が、よくしてたのは、こよりを作って、鼻先をこちょこちょくすぐったりすると、くしゃみと一緒に鼻水や鼻くそが取れるので、お勧め
奥まで入れないように注意が必要です。
耳鼻科や小児科を受診しましょう。
耳鼻科は、大人の方も多かったり、花粉の時期ですとすごく待たされるので、注意が必要
症状によっては、鼻水が長引いていたりする場合は、中耳炎の可能性もあるので、耳鼻科で吸引してもらったほうが良い場合もあります。
小児科でも、大きな施設ですと吸引してくれたりするところもあります。
予防接種などで、受診したときに確認してみるのも良いでしょう

鼻水、鼻くそ、鼻づまり、家で出来る処置

  • 赤ちゃんの鼻水を取る
  • 市販の新型鼻水吸引器や、お医者さん推薦!ガラス製鼻水吸引オリーブ管などを使うときれいに吸い取れます。
    鼻の穴の入り口に当ててやさしく吸いましょう。奥に入れ過ぎたり、思いっきり吸いすぎてしまうと、鼻を傷つけてしまいます。
    取れないからと言ってやり過ぎも刺激になってしまうので気をつけます。

  • こよりで鼻くそを取る。または、鼻水を吸ってあげる
  • 一番簡単お手軽です。ティッシュペーパーを使ってこよりを作り(ねじねじするだけ)、鼻の穴にいれると、くしゃみと一緒に鼻くそが出てきます。

  • 加湿器を使う
  • 加湿器を使い、加湿しましょう。ちなみにインフルエンザや風邪などの予防にも最適です。
    加湿器にも、スチーム式加湿器と、ヒーターレスファン式(気化式)加湿器があります。違いを知って一個購入しておくと長く使えるので、少し良いものを選ぶのをお勧めします。

  • お風呂に入れて暖める
  • 熱があったらお風呂は入れませんが、熱がなく元気だったらお風呂に入れると、湿気により鼻くそがとれて、鼻も通りやすくなります。
    吸引を使うときや、こよりでくすぐったりするのはお風呂のあとが、取りやすいです。

    鼻水をそのままにしておくと、鼻の下がかぶれてきます。
    ふきすぎても、同じこと。ぬらした温かいガーゼなどでふき取ってあげましょう。
    かぶれた場合は、クリームやベビーオイルなどを薄く塗ってあげましょう。
    また、鼻水の場合は、家族が増え、かわいい赤ちゃんと過ごす毎日を想像するだけで、楽しくなりますね。
    ワーキングママは、出産や育児の間、仕事を休まなければなりません。
    産休や育児休暇があっても無給のところも多いですね。
    家族が増えた分出費はかさむのに、収入は激減です。そんなママのために生活を保障して、産休を取れる制度が「出産手当金」です。


    出産手当金とは

    受給条件   … 仕事をしていて産休後も仕事に復帰する。
             かつ、勤務先の健康保険に加入している
    申請先    … 健康保険の加入先
    申請期限   … 出産した日から57日目以降)
    必要な物   … ①健康保険出産手当金請求書 印鑑 ③振込先口座 ④健康保険証
               ⑤出生を証明するもの(母子手帳の出生届出済証明等)

    仕事をしていて産休後も仕事に復帰するママがもらえる手当です。
    しかし、加入先によっては退職するママももらえる可能性があるので退職前に勤務先で調べてみましょう。



    出産手当金 もらえる期間 給付期間

    出産手当金は、出産休業中の補償ですから、産前産後の休暇の間になります。
    育児休暇には、対応しておらず、
    育児休暇の時に給付を受けられるものとしては、「育児休業給付金」があります。


    出産手当金の適用期間は、
    出産の日から、42日前(多胎の場合は98日前)から、出産翌日から56日までの期間に会社を休んだ日数が給付対象
    出産が、予定日より遅れた場合は、予定日の42日前となりますが、早く出産し場合は繰上げされません。


    出産手当金 どれくらいもらえる 給付金額

    出産手当金の給付金額は、標準報酬日額の3分の2相当×必要日数分です。
    月額を日数割り計算して、その日額の3分の2を、必要日数分となります。
    上限はありますが、給料の多い人ほど手当も多くなります。

    注意点
    ・ 勤務先の健康保険が、国保(国民健康保険)の場合でも支給される事があります。勤務先に確認してください
    ・ 健康保険出産手当金請求書は産休に入る前に必ずもらっておき、申請方法などしっかり調べましょう
    ・ 給付には、申請書を提出してから1~2ヶ月くらいかかります。

    詳しくは、最寄の窓口や勤務先の担当窓口に確認してください。


    出産育児金 だれでも頂けます

    一児に付き、35万円が、支給されます。

    受給条件   … 自分か夫が国民健康封建または、健康保険、共済組合に加入していて、
             保険料を納付している事
    申請先    … 国民保険の場合は、市区町村役場の担当窓口
             健康保険の場合は、勤務先の担当窓口。退職した場合は、
             健康保険組合または、管轄の社会保険事務所窓口
    申請期限   … 出産した翌日から2年以内(出生届を提出しないと申請できません)
    必要な物   … 国民健康保険の場合①出産育児一時支給申請書 ②印鑑 ③振込先口座
             ④健康保険証
             会社の健康保険の場合は、出生証明を受けた書類


    詳しくは、最寄の窓口や勤務先の担当窓口に確認してください。

このページの先頭へ